11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
23
27
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光をさがして~きっときっときっと

昨日、クロちゃんの(トイプードル)散歩に、大きな公園に行ったときの、お話です!

ワンちゃん好きな方が、時々話しかけてくれます!

そんな中出会った50代の女性、

もやぞーが、

今、じいちゃんたちを、介護してて、この子(クロ)で、家族がいやされていま~すと言うと、

その50代の女性が「実は、うちの旦那は、仕事で、アメリカにいって、日本に帰ってきてからうつ病になってしまって、旦那さんはいま、外あまり、出たがらないから、一人で公園きて、気分転換してるんです」

と、お話してくれました。

その女性は、目が、最近悪くなって、病院行ったら、

「目に傷がいっぱい、ある。涙には、良い涙と、悪い涙があるんだよと、お医者さんに言われたんだけど。
お医者さんは、私が、辛い涙を流しているのが、分かるのかな?」

って、ぽろっと、涙を流されました。辛いんだろ~な。
でも、お話を聴く事しかできませんでした。

「お話できて、良かったです」と、お別れしました。
50代のご夫婦が、少しづつ、元の生活を取り戻せると、いいな~と、思った時間でした。






スポンサーサイト

主婦は風邪もひけない?!

今日のNHKの、あさいちは、
主婦は風邪も引けないというテーマでした!

もやぞー、病気の時の愚痴あります!


それは、上の子が年長、下の子が年小で、
当時仕事していて、保育園のPTAの写真係の役員していて。

PTAの、写真係は、意外と大変でした。

年5回展示、販売があり、集計注文は1度の販売で1000枚ほどになります。

仕事があるので、寝る時間をけづって、しかも、リフォームも重なり、
かなりバタバタしていました。
忙しいせいか、風邪をひいてしまって、咳が、なかなか、治らなくて、でも、忙しかったのと、そのうち、治るだろうと。
旦那が、病院いけっていっても、寝ていたいという、気持ちが強くて、病院に、いけませんでした。
そんなある日、
寝ようとすると、寝返りが打てないほど、背中が痛くて、
熱も39度

「旦那ちゃん、背中さすって」というと、

「疲れているからやだ。だから病院行けって、言ったじゃん。自業自得だよ」

と、さすってくれもしない。

もやぞー、ぶちぎれ
「いままで。さすってなんて、言ったことある?寝返り打てないほど痛いから、頼んでいるのにーっ(怒)」

結局、次の日、肺炎にかかっていたことが分かり、咳のせいで、たぶん肋骨を骨折してると、病院の先生にいわれたという事件がありました。

旦那ちゃんに、事あるごとにこの話を、持ち出して、

今では、平謝りです。(当時は、子供がおおきくなったら、熟年離婚してやろうと、思っていました(笑))

ま、反省してくれたからいいんですよね???












誕生日

上の子の、れんたろうの、誕生日が、近づいてきたので、日曜日に、れんたろうと一緒に、ケーキ作りました!

四角で、
2段がいい。しかも、スポンジは、チョコがいいと。(ちょこは、めんどくさいので、ココアで、がまんしてもらいました)

無理難題を、毎回だしてくれる。れんたろう。

でもでも、れんたろうは、手作りのケーキが、うれしいらしく、
誕生日は、お店で買うものは、許されない(大変だけど、ママはちょっと、うれしい)

ほぼ、全行程れんたろう、本人が、手伝ってくれました!


ren

door

今日は、じいちゃんの、午前中歯医者でした!


最近の、じいちゃんは、保険証や、診察券が、いまいち分からないようです。明細書を、受付に出してました。

それは、診察券じゃないよ~・・(え~ん)


コブクロ大好きもやぞー、おすすめな曲
「DOOR」でーす!



この海を渡ったら ずっとそばに居よう...
この荒れ狂う 大海原を
簡単に渡ろうなんて思っちゃいないさ
ただ港から見送る人に なれないだけさ

海深く沈めた夢を 拾い集めて
自慢気に語ろうなんて あとは惰性で暮らすのかい?
常識に翻弄されて 日々は繰り返す
真実は胸の中にある

進むべき道なんて 自分で決めるのさ
不安や恐れに 足元をすくわれそうになるけど
巡り来るこの時に 逆らい続けよう
航海は僕に 何を教えてくれただろう?
「行くしかないだろう!」

※自問自答を繰り返し 思い悩み立ち止まるけど
あの日夢見た 輝きだけが また 僕の心を揺さぶるよ
眠れない日々を過ごすのなら 眠らない明日を追いかけよう
夢見ることが全てじゃなくて 叶えようとすることが全て※

この荒れ狂う 大海原を
簡単に渡ろうなんて思っちゃいないさ
全てのものを手に入れるなんて できなくていい
ただ一つ たった一つでいい

開くべきDOORなんて 自分で決めるのさ
不安や恐れに 足元をすくわれそうになるけど
巡り来るこの時に 逆らい続けよう
後悔は僕に 何を教えてくれただろう?
「行くしかないだろう!」

(※くり返し)


ワンピースの巾着袋

じいちゃん


十月に、歯周病で悪くなった上の歯を抜く手術の為、入院し、
その病院で、
ちょいとした、事件を起こした。

もやぞー、退院の日の朝、部屋に迎えに行き、栄養ドリンクと、柔らかいお菓子を、
「私、退院の手続きをしに、一階に、いってくるから、じいちゃん、部屋で待っててね!」
と。いい残し、

退院手続き終わり、部屋に帰ると、じいちゃん、いな~い。

え~、家と環境違うから、徘徊はじまっちゃた?

とりあえず、じいちゃんが泊まった3階のナースステーションで、聞いてみる・・。

知らないと言われる。

一階、探してみる。

いない。

(もしかして、二階?)

二階に、いた~!!!

しかも、事務員さん同行。

どうも、私が、渡した、栄養ドリンクと、お菓子ををいれてあった、巾着袋をなくしたらしく。
事務員さんが、一緒に探してくれてました。事務員さんご迷惑おかけしました。

でもでも、じいちゃん部屋にいて(しかも、個室で、トイレ付)
なので、部屋から出る必要なしなんですが。

こういう事が、出てくるのも、認知症からでしょう・・・。

結局、見つからず(というか、なくなっても大丈夫なものですし。)
そのまま、かえりました。

家に、かえってから、

じいちゃん、

「あんなもの、看護士さん、欲しいのかな?」

ありゃりゃ、看護婦さん、盗ったと思ってる~・・・。


ワンピースの巾着なんて、欲しいわけないよね?
子供じゃないんだし。なんていえず、
心のなかで、
(人を疑う前に、自分を、疑ってください)
と、思ってしまった、もやぞー。

退院の洗濯物片づけていて、

じいちゃんの掛けてある、ズボンのポケットが、膨らんでいるのを、発見!

もしやと、思いきや~、

ありましたよ!まさかの。

家でも、こんなこと、よくありますが、

もやぞー捜査員、まだまだ事件解決が、遅いっす。
未解決事件も~~数件有り!

解決は、いつの日か~?



励ましてもらえる歌

おはよーございます!

もやぞーの、大好きな歌、貼ってみます!

今日の、みなさんの、一日が、楽しい日になりますように!






てんちむチャンも愛用♪高発色カラコン★

ブリキの露天風呂?

この間、石川に行ったときに、泊った、じいちゃんが、ブリキの露天風呂と、言った旅館のホームページの、写真を、貼り付けてみました!

奥の方にあるのが、露天風呂です。露天風呂付きの部屋。

まあまあよくないですか?


露天風呂

おととし、沖縄旅行行ったときは、ロイヤルホテルっていう名前に、王様が泊まるような、高級なホテルだって言っていて、さんざん文句をつけられましたが、金額は、ブリキっていった、旅館の方が、高いんですよ~。
じいちゃん。

じいちゃん、わたしゃ、疲れるよ。


ここにしか咲かない花

今日は、子供の頃の懐かしい風景を、思い出したい
もやぞー。

もやぞーは、保育園の、年長の卒園式の後に、両親離婚し、生まれ育った場所から、少しだけ離れた場所に姉と母と引っ越しました。


大好きな土地でした。
隣のおばちゃんが、とっても、暖かい人で。大好きで、毎日遊びにいって。

離婚してすぐに、父は再婚。今でも、私が住んでいた、場所に父と、父の家族は住んでいるんだけど。
遊びには行けないな~。
でも、なんかすごく懐かしくて、暖かい場所!

この歌を聴くと、いつも、そこの場所や人を、思い出します。



コブクロ - ここにしか咲かない花
作詞:小渕健太郎
作曲:小渕健太郎
編曲:コブクロ

何も無い場所だけれど
ここにしか咲かない花がある
心にくくりつけた荷物を
静かに降ろせる場所
空の色映し出した
瑠璃(るり)色の海 遥かから聞こえる
あなたの笑い声は
よく聴けば 波の音でした

寂しさ隠せずにいるなら
一人になればいい
囁(ささや)くほどの声で呼んでいるのは
いつも 同じ名前

あの優しかった場所は今でも
変らずに 僕を待ってくれていますか?
最後まで笑顔で 何度も振り返り
遠ざかる姿に 唇 噛み締めた
今はこみ上げる 寂寞(せきばく)の思いに
潤んだ世界を 拭ってくれる
指先を 待っている

影が教えてくれるのは
そこにある悲しみだけじゃない
うつむく顔を上げて振り返れば
そこにある光に気付くだろう

同じ数の出会いと別れ
でも割り切れなくて
余るほどの想い出をいつまでも
胸に咲かせながら

雨上がりの道は泥濘(ぬか)るむけれど
今ここに 生きている証を刻むよ
どうかこの涙を しおれかけの花に
喜びの彼方でもう一度咲けるように
願いは海風に 吹かれて大空へ
やがて小さな 虹をわたるよ
いつの日か その足で

ここにしか咲かない花
ここにしか吹かない風
ここでしか聴けない歌
ここでしか見えないもの
ここにしか咲かない花
ここにしか吹かない風

あの優しかった場所は今でも
変らずに 僕を待ってくれていますか?
ふいに込み上げる 寂寞(せきばく)の想いに
潤んだ世界を拭ってくれる
雨上がりの道は泥濘(ぬか)るむけれど
今ここに 生きている証を刻むよ
いつかこの涙も 寂寞(せきばく)の想いも
忘れ去られそうな時代の傷跡も
燦然(さんぜん)と輝く
あけもどろの中に 風が運んで 星にかわる
そんな日を 待っている




今日、あさいちで、いじめ問題やっていましたが、

いじめる側が100%悪いと思う。
でも、いじめた側の、心というか、背景に問題がある場合もある。家庭なり、進路の悩み、思春期の心の悩み。
そういうのに、寄り添って、話を聞いてあげれる、先生がいたら、いじめも、ひどくは、ならない気もする。

我が家も、介護と、同居で、子供たちの心に負担をかけないよう、

暖かい場所を、ほっとできる場所を、作ることを一番に考えていこうと、

今までをちょいと反省し、

決意しなおす、もやぞーです!








ブルー

久々の更新です。

もやぞー、ちょいと、ブルーに、なっていました。

実は、じいちゃんたちといった、旅行のSDカードを無くしてしまったり、

旦那ちゃんと、地域包括センターの、ケアマネさんから、

いつ、お義父さんも、お義母さんも、家で看れなくなるかわからないから、施設とかを、申込みしといたほうが、いいと、助言いただいてたので、近所の施設の見学をしてきました。(何年後にお世話になるかわからないけど)

施設の方も、とっても親切で、きれいだったのに、

帰りの車の中で、なぜか、涙が、ちょちょぎれました。

何の涙かわからないけど。(鬼嫁の目にも涙?)


旦那ちゃんは、けっこう、大きな決断を、いつか、しないといけないんだな。

って、思ったら、なんだか、胸がくるしくなりました。


プロフィール

もやぞー

Author:もやぞー
舅 平成26年1月 逝去 享年84歳
介護2(認知症・誤嚥性肺炎)
    障害者一級(ペースメーカ)
姑79歳 
介護2(髄膜炎後遺症・盲難聴)
    障害者1級

旦那ちゃん 45歳
もやぞー  34歳
れんたろう 11歳(小6)
あーたん  9歳(小4)
クロ    (トイプー2歳)

さかなクンたち

ドタバタ介護育児ブログ!?

最新記事

 皆さんの応援が励みになります

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
436位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

何人きてくれたかな?

良いもの、お安く

最新トラックバック

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。